“鱧と日本酒の会 2015”レポート
2015年7月3日(金)

〜長州と薩摩・土佐の食材を使った料理とと山縣本店のお酒を味わいました〜

毎年、恒例の鱧料理と日本酒を楽しむ会。
今回は、幕末・維新をテーマに、鱧はもちろん、長州・薩摩・土佐の食材を使った料理でした。調理長の説明にも力が入りました。
長州からは長州鶏、鹿児島からは黒豚、土佐からはカツオの叩き。
そして、長州の酒がまた良く合います。



【お品書き】

【今回のお酒】  山縣本店/周南市

創業は明治8年の伝統ある周南市の酒蔵です。
山口県産の米、芋、梅などの材料にこだわり、日本酒、焼酎、梅酒などを造られています。近年、杜氏が世代交代し、一層、美味しくなったと評判です。
今回はご覧のお酒をご提供いただきました。

超特撰大吟醸 毛利公
山口県の米と水による、華やかな香りと繊細な味わい。魂をこめた酒。

山口県限定大吟醸 毛利公
山口県の米「西都の雫」を使った、淡麗で柔らかな味わい。

純米大吟醸 かほり鶴
ナベツル飛来の水田で育てた山田錦による酒。奥深い味わい。

純米吟醸 かほり
フルーティーな香りと優しい口当たり。

吟醸 かほり辛口
すっきりした辛口。なめらかなのどごし。


はらだでは、鱧料理を多数ご用意しております。詳しくはこちら >>
今月のおすすめ料理 お得なクーポン付!
お得なランチ!はらだのほし☆ランチ
仏事・法事ははらだで
還暦・長寿のお祝い特別サービス
お部屋案内
仕出しのご案内
料理人ご紹介
「ほしらんど くだまつ」で「はらだ」の料理はいかがですか?
はらだの姉妹店 ビジネスホテルくだまつ
Copy right(c)2006 Harada. All Rights Reserved.

▲PAGE TOP